宝か、芥か

天然石ビーズを中心に自作したアクセサリーを紹介しています。 個人的に好きな戦国武将(BASARA、無双中心)のイメージアクセサリーも製作、紹介しております。

ブルーレースアゲート

始めましての方、または別ブログ等から来て下さった方、いらっしゃいませ!
自作アクセサリーのご紹介ブログとなります。
自分が着けたいものを作るを基本に、マイペースで製作しております!

さざれ石であれこれ・青と緑

こんにちは。

台風や大雨の被害があちこちで聞こえて参ります、被害に遭われた方には心からのお悔やみを申し上げます。
そして他の地域の皆様にはご無事と健康をお祈りしております。

私の地域でもつい先日大雨の被害が出まして、自分の生活圏では何事も無かったのですが、今まで大雨などで避難勧告など出た事が無かったような地域でも、多くの避難を呼びかける速報が入って大変驚きました。
自然災害は他人事ではない、と言われますが、やはり実際に身に迫らないとつい傍観者になってしまいがちな事でもありますので、その時その時に自分が出来る安全策とは何かをつねに心がけて、気に留めて過ごして行こうと改めて思いました。


新作出品のお話へでも参りましょう。
最近ようやっと、さざれ石の楽しさに気付いた私です。
幾つかさざれ石は持っているのですが、何となく自分でどう使おうかイメージが湧かないまま保管していたり、手慰みで試作する程度の扱いをしていたくらいで、強い興味はあまり持っていなかったのです。
下手をしたら、このまま在庫石の中に埋もれてしまうんじゃないかってくらいの興味度だったのですが。
それがなんだか急に、本当にいきなりです。
「あ、水晶のさざれ石を連ねたらキラキラして夏っぽくない?そんな品を作ってみたい!」
という発想が沸き起こりまして。
単純に考えれば当たり前な話なのですが、どんなにシンプルな形でも、やっぱり自分で作りたい!という気持ちにならないと品物にもパワーが生まれないんですよね。
暫く他の事でこの衝動を形にするまで時間を置かざるを得なかったのですが、作り上げた時にとても楽しかったのです。
やっとさざれ石の楽しみ方が分かったような気持ちになりまして。

こちらが、水晶のさざれ石を使ったブレスレットです。

澄集 <こちらからminneサイトに行けます

1498534719892
あんまりシンプルすぎるのも、と思ってチェーンをフィガロチェーンにしました。
重ね付けの脇役にも、デイリー用に派手すぎない品にもなります。
この水晶が面白かったので、立て続けにアレコレと製作しました。

こちらは、ブルーレースアゲートのさざれ石。
淡いミルキーブルー色なので、写真になると心許ない色彩になってしまっていますが、綺麗な縞模様がちゃんと一粒ずつにみられます。

縞集<こちらからminneサイトに行けます


IMG_20170627_122918


そしてガーネットのさざれ石を使ったブレスレット。
個人的な意見ですが、ガーネットはラウンド型(丸型)よりさざれタイプの方が綺麗な紅色の品が多い気がします。価格も少しお安くなりますし。
こちらも美しい紅色のガーネットです。

紅集<こちらからminneサイトに行けます

1498534672687

と、まあこんな勢いでさざれ石を使ったブレスレットをわんさと作るようになりまして、その流れで良い石との出会いをさせて頂きました。
アパタイト、という石です。
石としては不透明の落ち着いた青い色の石を持っていたのですが、新しく出会った石は、ビックリするほど美しい石でした。
それがこの二点。

ブルーアパタイト石
爽集<こちらからminneサイトに行けます

1499238389686


そしてグリーンアパタイト

調集<こちらからminneサイトに行けます

1499238437751

どちらも同じアパタイト石です。でも全く違う色彩です。
石種によっては様々な色彩を持つモノがありますが、今回手にしたこちらの石は、想像以上の美しさと華やかさを持っていたので、実物を見た時、出会いに感謝しました。

ブルーアパタイトはAAランクの品です。
透明度が非常に高く、南の海を連想させるような色彩。

一方グリーンアパタイトにはランク表示はありませんでしたが、こちらも透明度が高く、穏やかなオリーブグリーンカラー。

粒の大きさはブルーの方が大きめです。
グリーンは小さい粒をぎゅっと集めてありますので、グリーンの濃淡を楽しめるようにグラデーション配置にしています。
ブルーは、空色と緑がかった水色の石を組み合わせました。
どちらも3センチ弱長さのピンに石達をまとめています。

それぞれのアジャスター部分にも、さざれ石を一粒入れる事でアクセントにしました。
さざれ石が十分にデザイン性のある品なので、全体はシンプルを心がけて製作しています。
個人的には、水晶のさざれと合せると明るさが一層プラスされるのかなとか。
今の時期だからこそ、作りたくなった品なのかもしれません。
あんまり時期物は作らない奴なのですが、衝動には勝てませんでした(笑)

ご興味がありましたら、minneギャラリーへもお越しくださいませ!



魔除け水晶+三宝石 <モリオン水晶>

暑い日が続いております。
お盆が目前に迫っておりますが、松永のminnneギャラリーでは通常通りの発送スケジュールで動いておりますので、お盆休みの間でも作品を楽しんで頂ければと願っております。
製作の方は一休み、となる予定です。

最近の個人的な悩みは、いい加減ギャラリーの名前をちゃんと考えないといけない、という事ですね・・・同人やっていた時のサークル名、みたいな感覚なのですが、はたしてそんなモノでいいのかどうか。 
どうも名前付けというのが苦手で、日本語にしようか英語にしようか、そんな所から迷っています。
肩肘張らないギャラリー名にして行こうとは思っておりますが、さてどうなりますやら。

さて、色々と石を触るようになってから、意外な方向からの石との出会い、というものもあります。
今回は、シャク石という石とそんな出会いがありました。
聞き慣れないシャク石。はたしてどんな石だろうか、と調べて見ましたら、シャコガイの別名だそうです。 
で、シャコガイというものは、昔から謂われる「七宝」のうちの一つに数えられる品だということも知りました。
七宝とは、金、銀、サンゴ、シャコガイ、玻璃(ガラス)、瑠璃(ラピスラズリ)、メノウ、この七品を指すそうです・・・改めて知りました、私。

そんな知識を得て、手元に来たシャク石を眺めて思いついたのがこの品。
七宝の内、三宝が手元にあったので、その三宝+魔除けとして有名なモリオン黒水晶を使ったブレスレット。
IMG_20160804_165306
真ん中の黒い石がモリオン。
白い石がシャク石、写真ですと分かりにくいですが、縞瑪瑙のような縞模様が入っています。
水色の縞模様の石が、ブルーレースアゲート(縞瑪瑙)
左右の蒼い石はラピスラズリ(瑠璃)
・・・という組み合わせですね。

モリオンの漆黒に組み合わせる石を今までなかなか見つけられなかったのですが、今回はラピスラズリの紺碧の深さに助けて貰っての仕上がりになっています。 
メノウは、ラピスの蒼からシャク石の白までのバランスを取る為に、ブルー系の石を選びました。
 IMG_20160804_165409
石の粒も、あえて8mm玉と揃えて、シルエットはシンプルにしてあります。
金も入れました、と言いたい所ですが、メッキじゃあ金、とは言えないですからw
いつか、きちんと七宝を揃えた品物とか作ってみたいですね。
マルチカラーの品物を作ったことがないので、こういう所からのヒントでチャレンジしてみたいものです。
 

お気に入り総数400越え記念<出品中>

前回のお話で、minnneでのお気に入り登録の総数が400越え頂いた記念に何かを、なんて言っておりました。
4、という数字は縁のある数字だったりするので、あえて400のタイミングでやらせて頂きます!

記念として、ブルーレースアゲートとローズクオーツのプチブレスレットを製作いたしました。
価格は記念価格として400円で出品中です・・・!
IMG_20160728_220056
ハート形にカットされたブルーレースアゲートと、4mmローズクオーツのチャーム、6mmローズクオーツでまとめてあります。
金属アレルギーには非対応の品物ですが、松永の作る品はどんな作りか、どんな石を扱っているのかと気になる方はminnneの当ギャラリーをチェックしてみて下さいませ♪


今日はブルーレースアゲートの気分、なのか・・・この石を使ってもう一品、製作しております。
こちらはダガー型のブルーレースアゲート。
IMG_20160729_152143
綺麗な縞模様が出ている石を選びました。
ラッキーなことに、模様が出ている石が多い品を入手できたので!
模様が大事にされる石種はこれが結構重要なのですよね、ラリマーとか、セラフィナイトとか・・・色々。
そんなブルーレースアゲートに組んで貰ったのが、アクアマリンとローズクオーツ!
ミルキーカラーの3種を私が組むと、こうなります。
「やさしい関係」
IMG_20160729_152318
 デリケートな色彩なので写真だとキレイに写っているのか不安ですが・・・
メインはブルーレースアゲートとアクアマリンですね、組み合わせとしても「新しい環境に早くなじめるように手助けしてくれる」組合せだそうです。
でも、この二色だけだとなんだか寂しくて、愛らしいピンクのローズクオーツをチャームとして使いました。
IMG_20160729_152220
最近は、こういう作り方がとても楽しい自分です。
透明感のある石を良く使いますが、今回はミルキーカラーだけでどう作るか、という挑戦をしてみました。
それぞれが目立ちすぎず、消えない間柄に作り上げてゆく工夫をいま、勉強中です。
 
ギャラリー
  • 大粒スモーキークオーツで製作
  • 大粒スモーキークオーツで製作
  • さざれ石であれこれ・青と緑
  • さざれ石であれこれ・青と緑
  • さざれ石であれこれ・青と緑
  • さざれ石であれこれ・青と緑
  • さざれ石であれこれ・青と緑
  • お蔭様で三年目<感謝企画実施中>
  • お蔭様で三年目<感謝企画実施中>