宝か、芥か

天然石ビーズを中心に自作したアクセサリーを紹介しています。 個人的に好きな戦国武将(BASARA、無双中心)のイメージアクセサリーも製作、紹介しております。

クラック水晶

始めましての方、または別ブログ等から来て下さった方、いらっしゃいませ!
自作アクセサリーのご紹介ブログとなります。
自分が着けたいものを作るを基本に、マイペースで製作しております!

チャンスの前髪

竹内まりやさんの歌からの題名。
まりやさん関連、というと叱られるかもですが、「龍が如く」というゲームの最新作の主題歌に山下達郎さんが起用されていて驚いたのです。
しかも「蒼氓(そうぼう)」という名曲!
すごく深い歌なのですけれど、ゲームの内容と合っているんでしょうかね?
若い頃、この歌を耳にして号泣した思い出のある曲だったのでちょっと気になる。

さて、チャンスということで、自分のハンドメイド製作には人様からチャンスを頂く事で新しい製作の道が拓ける、という出来事に沢山出会わせて貰っております。

今回も、ネックレスの製作依頼を頂いたことで、新しい世界に気付かせて頂きました。

いつもブレスレット中心に製作しているのは、ネックレスというジャンルは「チェーンの長さ」という部分に引っ掛かっていたのですね。
一番短くて40cm、長めになると60cmくらいでしょうか、結構サイズに幅があるジャンルです。
なので、あまり積極的に自ら製作していなかったのですけれど、実際依頼して下さった方とお話しながらデザインしたり、製作していると楽しくて。
というのも、ブレスレットとしては癖があるかな、と思って触らなかった形のビーズを使用する機会に恵まれたのです。
目新しい品を触って、いつもと違う製作過程に神経を遣う、という過程が大変刺激になりました。

そして納品させて頂いたのがコチラ。

2016-1206-152732323-DI

ゴールドの菱形ベネチアンビーズとクラック水晶(ブラックカラー)をメインに使用したネックレスです。
一見すると煌びやかですが、クラック水晶の黒色の差し色のおかげで落ち着いた雰囲気の品となっています。

この品を製作させて頂いたのが本当によいきっかけとなりまして、新しいジャンルに対してあまり怖がらずに挑戦してみてもいいのかなと思えるようになって来ています。
そんなチャンスを下さる方が様々なタイミングで居て下さるからこそ、自分の製作の幅が広がって行くという感謝の想いを忘れずに続けてゆこうと思います!

また、同じ形のベネチアンビーズで、アクアブルー色の品もあったので、こちらもネックレスに加工してminneに出品してみました。 

「滄滴(そうてき)」
¥1.800 (送料込み)
minne出品ページはこちらから♪

2016-1206-152639851-DI
 
ビーズ自体の色が大変美しいので、その色を邪魔しないカット水晶(6mm)だけを使用したネックレスとなっております。
シンプルだけど存在感のあるネックレスかなと。
50cm長さで製作しておりますので、ゆったり着けられるサイズとなっています♪

これからはネックレスの品数も少しずつ増やして行けるように頑張って参ります。
勿論、オーダーメイドも喜んでお受けいたしますので、お気軽に声掛け下さいませ(*^_^*)
 

強面だけど優しい <オニキス・ボックス>

8月もお仕舞となりました。
ある地域では猛暑となり、またある地域では大雨被害、と大変な思いをされた方が多かった8月でもありました。

私自身は「やっぱり夏は苦手(´・ω・`)」と改めて、毎年思い知らされる月でもあります・・・
スッと晴れ渡った青空とか夏らしい蒼になっている海、青々とした田んぼをみるとキレイだな~と感じますから、四季の一つとしては大切な季節でもあるのですけれども!
やっぱり暑さは苦手です、汗っかきなので自分が融けるような気持ちになるのですw

今日、minnneに出品しました作品のご紹介でも。
本当は「ブラック・ボックス」という名前にしようと思ったのですが、ちょっとスパイスが効きすぎるかなと中途半端な名前にしてしまいました(既に反省)

「ブラック(オニキス)ボックス」

IMG_20160831_165039

10mm角のボックスカットのオニキスをメインに組んだ、モード系なブレスレット。
形が特徴的なので、あまり色彩的に遊ばずシンプルに。
金具も黒を使って抑え気味にしました。
唯一色が入っているのがアメジストの紫だけですね。

IMG_20160831_164913

近撮。
オニキスが大きめの石なので、細い鎖一本だけだとバランスが良くなかった為、アメジストとクラック水晶で二連にして繋いでいます。
クラック水晶の鎖の方をアメジストよりも微妙に長くして、わざと垂れるようにしました。

オニキスという石で良く言われるのが「真っ黒な色だから誤解されやすいけれど、実はとっても穏やかなヒーリング効果がある石」とのこと。
あれですね、人で言う「見た目は怖いけれど凄く優しい人」って事ですかねw
最近、いろんな石の効用や謂れなど見ながら、こんなバカな事ばっかり考えてしまいます、それが楽しい。


 

カメラ泣かせの君

天然石でも人工石でも、本当に微妙な色彩で肉眼だとキレイ!となるのに写真でその色彩を映そうとすると上手くいかない、なんて品が結構あります。
ムーンストーンとか、ラブラドライトのシアーなんかもそんな類ですね。
で、今カメラで格闘している石がこちら。
IMG_20160708_161311
ラリマー。
ほわっとした水面模様が出ている所をお伝えしたくて写真を撮るのですが、その模様にピントが合わない。
上記の写真を撮るのに光源を変えたり斜めにしたりと四苦八苦です。

カメラと言ってもスマホのカメラですけれど。
デジカメはデータの編集がスマホより手間が掛かるので・・・でもこういう品物を撮るようになったら、スマホのメモリが段々凄い事になってきてどうしよう状態です・・・w 

ちなみにこのラリマー、玉型では無く、菱形タイプなのです!
6mm程度の小振りなサイズですが、菱形という珍しい形と美しい水面模様が現れている石なので一目ぼれでした。
あんまりにも嬉しかったので、早速ひとしな。
IMG_20160708_161204
ラリマー×ローズクオーツ×クラック水晶のブレスレット。
ラリマーを目立たせたかったので、ローズクオーツとクラック水晶は3mmの小粒タイプにしています。

ラリマーを始めとして、セラフィナイト石やギベオンなど、表面にそれぞれの石特有の模様が出ているモノを探す時、どうしても表面積の広いもの=サイズの大きい石を探してゆく事になるのですが、今回は6mmという小さめなサイズでもラリマーらしい模様が楽しめる品という、いろいろ珍しい石と出会えました。

サイズの大きな石も迫力があって良いですし、こういった小粒だけれどしっかり主張してくれる石というものも良いもんだ、と改めて気づかせて貰ったラリマーです。
 

アンクレット2種

ブレスレットを中心に作っておりますが、夏に向かっているということでアンクレットもちらほら製作しております。

まずはさっぱり爽やかな感じで。

IMG_20150526_160346

実はブレスレットなのですが、全く同じデザインのアンクレットも製作してあります、写真がなくて・・・
チャイナアマゾナイト×ハウライトの組み合わせです。
石も6mmと2mmの小さいサイズを使用しているので、座っても痛くなりにくいかなと。
個人的に気に入っている品です。

次は暖色系で。

P6050317

サードオニキス×クラック水晶で作りました。
サードオニキスはスクエアの平型なので、結構見栄えがすると思います。
オレンジは合わせる色味が難しいですが、クラック水晶が助けてくれました。
 
ギャラリー
  • とんでもないものにハマってしまった感
  • とんでもないものにハマってしまった感
  • とんでもないものにハマってしまった感
  • とんでもないものにハマってしまった感
  • とんでもないものにハマってしまった感
  • とんでもないものにハマってしまった感
  • 石だらけ連休
  • 石だらけ連休
  • 石だらけ連休